一軒家におすすめ!防犯砂利で簡単に不審者を捕らえることが可能

作業員

組み合わせ効果も抜群

砂利

防犯砂利はセキュリティー効果を高めるのに効果的です。敷地内に敷設しておけば大きな音がするので住居侵入を未然に防ぐことができます。防犯カメラやサーチライトと組み合わせた場合はとくに大きな効果を発揮します。セキュリティ対策は手軽に始められる防犯砂利から始めてみましょう。

防犯に役立つ大きな音

防犯

ストーカーや敷地内侵入の犯罪対策として、手軽で簡単に導入できる砂利が人気です。単にばら撒くのではなく、侵入経路を想定して重点的に敷くと効果が高まります。あえて見えるように敷くのもポイントです。雨風による移動はこまめなメンテナンス、雑草は防草シートの設置で解決できます。

庭に撒いて防犯を

砂利

音が聞こえるようにする

防犯砂利は家の周囲の庭に撒くことで、誰かがやってきたときに立つ音によって防犯に役立てようという物です。砂利といえば小さい砂だと思う人もいるかもしれませんが、防犯砂利は砂利という名前がついていても小石サイズ程度になります。その上を人が歩けば音が聞こえますので、深夜など静かな時間帯だと「誰かが家の周りにいる」ということがわかりますので、防犯効果が期待できます。防犯砂利はホームセンターなどでも販売されていますので、気軽に購入して自分で防犯対策を行うことができます。しかし、防犯砂利はただ撒くだけで防犯効果があるのかといえばそうではありません。まず、防犯砂利を侵入されやすい場所を中心に撒くことになりますが、その前に重要なのが草取りと、草が生えないよな処理を行うことです。草はどんどんと生えて来てしまって、防犯砂利の上を人が歩いても音がしなくなりますので、まずは除草作業緒行い、草が生えてこないようにシートを貼るようにします。その後防犯砂利を撒くのですが、ある程度の厚さを作らなければいけません。撒く量が少なければ防犯に役立つほどの大きな音を立てることができませんから、せっかく防犯砂利を撒いても意味がなくなってしまいます。また、家族が庭で何かをするときの防犯砂利の上を歩いていると、その間に砂利が動いてしまって防犯の意味をなさなくなってしまうため、3センチ〜5センチほどの厚さになるように撒くことが大切になります。

防犯対策と美しい外観

庭

玉砂利を庭や玄関まわりに敷くことで、外観の美しさと防犯対策、どちらも叶えることができます。玉砂利の種類によって費用は異なりますので、ネットで自動計算してから、見積もりを出してくれる玉砂利通販サイトを利用してみると良いです。